スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月1日に思うこと。 
もう2月に入りましたね。早い、早い!

1年前のことがウソのようです。


2月1日といえば、東京・神奈川の私立中学の試験スタートの日。
ああぁぁぁ~ 大変だったなぁ~

でもなぜか、前日や当日の朝のことって

ほとんど覚えていないんです。

早起きして、お弁当作って、学校まで付き添って行って

試験の間中待っていたハズなんですけど…

唯一鮮明に覚えているのは

発表を見るときの、ヒイィィィィ~ッ っていう気持ち。

あれはイヤだったなぁ。

その後、中学生になってガラリと娘の生活ぶりも変わって

あわただしくなったので 頭の容量をオーバーしてしまって

ツラい記憶があふれてしまったんでしょうか…


中学受験から1年経ってみて

今は何だかフシギな気持ちです。

中学受験って何だったんだろ?

今年も受験者数は増えているそうですが

みんなそれでいいのかなぁ…

もちろん、娘は希望の学校に入って楽しく通っているので満足していますが

受験準備の渦中にいると

何だかもう後には引けないし

情報には振り回されるし、

冷静になろうとしても とてもじゃないけどムリだったからなぁ。


中学受験は ほとんどは親の誘導でするようなものですよね。

小学生が自分自身で、自分はこの中学に行きたいんだ!なんて言いだす訳ないし。

親は子どもの将来を考えて…って言うけど

でもたぶん、中学受験してその結果合格であっても残念であっても

その子の人生がすっごく変わるわけじゃないと思います。

ほんの少し、人生のうちの数年の通り道が変わるだけで

その先にある未来には

やっぱり自分自身の意志や、地道な努力で到達するものなんじゃないかな。

もちろん希望の学校に入るために努力したことは素晴らしいことだけど

それで終わりじゃないもんね。

まだまだ先は長いです。

これからの道、じっくり自分で考えて歩いていってほしいです。
 
ナナママ #zC2.WDUU
No title 
私も去年は大変だったな、、と思ってました。
また、状況はちがうのですが、看護師になりたいまでは
決まっているので、できれば叶えてあげたいと思ってました。
娘は2番目なので、長男の高校受験のときは、家庭教師の
勧誘であと何10点あげられます、と言われると心が揺らぎました。
お金で点数が買えるなら。。とか。
母親は特に盲目になってしまいます。
旦那は、どこの高校に行っても人生は長いんだから
ちゃんと、友達付き合いができるほうが大事だと言ってました。
今思うと、本当にそうですね。
有名進学校に入っても、人間的に問題があったら悲しいですよね。
長男は希望の学校ではなかったけど、自信を持って、勉強も部活も友達も充実していたので、この子にはそれでよかったんだと思えました。
行ったところが、行くべきところだったんでしょうね。
maco #9yJV7Jf.
ナナママさん 
行ったところが、行くべきところ…
本当にそうだと思います。
どこに行くかより、そこで何をするかが大事ですよね。
もし、その時は意に沿わない道に進んだとしても
長い目で見たら、絶対にその過程は必要だったと
思うようになるんじゃないかなぁ…

そうそう、去年はちょうどお嬢さんも受験でしたね。
新しい生活が始まって1年経って、
お互いだいぶそれらしくなってきた(?)のではないでしょうか。
温かく見守りたいです。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。